To Be Your Best Partner.
お客様のベストパートナーを目指して
チャレンジする施工者グループ

フッ素加工

フッ素加工というと、一般的にフライパンやホットプレートなどの調理器具の表面のコート塗装をされたものをイメージします。
フッ素は6種類ありますが、その中で最も汚れを弾くのが「4フッ化エチレン」と呼ばれるものです。例えばデュポン社のテフロンフライパンはこの4フッ化エチレンを用いています。
この4フッ化エチレンは汚れをよく弾きますが、物質と密着しにくく扱いにくいものですので、基本的には焼付け塗装をしてコーティングします。そのため工場内で、焼付け可能なモノにしか対応しておりません。

これを、常温で、どんな場所にでも施工出来る様にしたものが「コヤフロン」です。

コヤフロンについて

4フッ化エチレン(PTFE)を主成分として、乳化タイプにし使いやすいように設計されています。
PTFEは優れた耐熱性を有し、また、全ての粘着性物質を受け付けない性質を持っているため、この性質を利用して開発されたのが「コヤフロン」です。

一般の洗浄剤では落ちない外壁・看板に強く付着している汚れを除去すると同時に、フッ素樹脂の表面被膜を形成するため、処理後の汚れ防止を兼ねる画期的な保護剤です。

一般の洗浄剤や酸・アルカリで無理に洗浄した場合は、処理面に傷がついたり変色したりしますが、「コヤフロン」による処理はそんな従来の方法とは異なり、処理面を傷つけたり汚したりする事なく、簡単に除去できます。
コヤフロン コヤフロン コヤフロン

コヤフロン施工

0.2ミクロンの微粒子が素材の表面を傷つけることなく汚れを落とし、しっかりとコーティング。埃や水をはじくだけでなく、細かな傷も付きにくく、紫外線による変色や酸性雨からも保護します。


施工後のお手入れ

日常のお手入れは、乾いたタオルで拭くだけで充分です。
特別な洗剤や掃除用具は必要ありません。

定期的なメンテナンスを受けて頂くか、『ヨゴレン』や『グラスロン』を使用してご自身でメンテナンスを行うことで、その美観を保ち続けることが可能です。

施工について

料金

加工対象の素材や大きさ、状態によって料金は異なります。見積は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

時間

車1台、浴室・浴槽で3~5時間程度。(状態や大きさによります) 施工後はすぐに使用できます。

対象

コンクリート、ブロック塀、大理石、タイル、自然石、塗料及び樹脂拭きつけ壁(リシン、モルタル等)、ガラス、アルミステンレス、スチール、皮革製品、木材、他、あらゆる素材にご利用頂けます。


Copyright(c)    株式会社M'sインターナショナル   All Rights Reserved.