国土交通大臣の認定を受けたエアープロットで空気革命
エアープロットはプラチナチタン触媒です。
触媒効果でお部屋の空気を清浄化し続けます。
全ての有機物質を吸着・分解・酸化して無くし、
快適で安全な空気環境を保ちます。

プラチナチタン触媒加工

▼化学物質対策だけでシックハウス症候群は解決しません。

居住に由来する様々な健康障害を総称してシックハウス症候群と呼びます。
シックハウス症候群の発症と密接に関わり、アレルギーの原因を引き越すアレルゲンは、VOC、カビ、ダニの死骸・フンのほか、花粉、ハウスダスト、動物のフケや糞など数100種類にも及びます。
これらのものから自分や家族を守るためにあるのが、
エアープロット(プラチナチタン触媒加工)です!


エアープロットとは?

エアープロットはプラチナチタン触媒のコーティング剤です。

エアープロットを窓ガラスに塗布すると、昼間は太陽光を利用し汚れた空気を分解します。
夜間はプラチナ触媒が効果を発揮し、汚れた空気を吸着分解します。

室内のアレルギーの原因物質(空気中に舞っている有機化合物)を分解し、水蒸気や二酸化炭素などの無害なものにします。

シックハウスの原因物質の「揮発性有機化合物」、花粉症の原因物質の「花粉」、アトピー性皮膚炎・喘息の原因物質の「ダニのフン(ハウスダスト)」、これらの物質を分解除去し酸化させ、快適な室内環境を創ります。


プラチナチタン触媒による分解作業の流れ

① 窓際の有害物質を分解除去

ガラス窓の内側に湿布したプラチナチタン触媒によって、太陽光(紫外線)を利用してホルムアルデヒドを分解除去する。

② 吸着

プラチナによってホルムアルデヒドを吸着する。

③ 室内の有害物質も分解除去

ガラス窓の内側に湿布したプラチナチタン触媒によって太陽光(紫外線)を利用して夜間吸着したホルムアルデヒドを分解除去するとともに、室内のホルムアルデヒドを分解する。


空気革命の家

エアープロットNを塗布した居室が建築基準法施行令第20条の9に基づく国土交通大臣認定居室になります!
この大臣認定取得した名称を
エアープロットNシステム」といいます。

ゼンワールドが謳う「空気革命の家」とはシックハウスにならない家です。
建築基準法施行令第20条の9で国土交通大臣認定を取得しました。
エアープロットNシステムは年間を通して居室のホルムアルデヒド濃度を0.1mg/㎥以下とする性能が認められ、建築基準法施行令第20条の9の大臣認定を取得しました。

現在、建築基準法にて居室にはシックハウス対策として24時間の機械換気の義務付けがされています。

建築基準法施行令第20条の9:
「1年を通じて、当該居室内の人が通常活動することが想定される空間のホルムアルデヒドの量を空気1㎥につき、おおむね0.1㎎以下に保つことができるものとして、国土交通大臣の認定を受けた居室については適用しない」という法律です。
エアープロットNは性能が認められ、大臣認定を取得することができました。


エアープロットNシステムの概要

エアープロットNシステムとは、白金と二酸化チタンからなるプラチナチタン触媒“エアープロットN”(製品名)を居室の外部に面するガラス内側に塗布することにより、居室内のホルムアルデヒド濃度を0.1mg/m3以下に保つことができるシステムです。

エアープロットNを塗布する事により、窓ガラス表面にプラチナとチタンから成るプラチナチタン触媒とそれをガラス表面に固定させるバインダーで構成される無色透明な分解除去層が形成されます。
このプラチナチタン触媒がホルムアルデヒドを分解除去します。

塗布作業は、エアープロットシステムの講習を受講した専門技術者がいたします。
Copyright(c)    株式会社M'sインターナショナル   All Rights Reserved.