プログラミング教育が義務化となり、今後どのように子供たちを教えていけるのか、少なからず悩みを持っている先生方、親御様は少なくありません。今後教育法がある程度確立されていくまでの期間、自ら参考書を読んでみたり、WEB上で教育法を探してみたりする方もいます。私たちは、他の既存の学習とプログラムとをどう織り交ぜて教えられるのかを主に考えて勉強法を確立してきました。そうすることで子供たちが、これまで培った知識とプログラムが結び合わされやすくなり、プログラムを実際に活用しやすくなると思っています。実際のロジカ式の教室、e-ラーニングなどを通して、プログラム教育を広げていきたいと考えています。

教室

親子

ロジカ式

Translate »